ボトックス注射で理想のカラダをゲット|人気の治療法

女性

その効果は多岐にわたる

ボディ

筋肉の動きを抑制

ボトックス注射が人気です。ボツリヌス菌から毒素を除いて抽出されたこの成分はシワ伸ばしをはじめ、美容整形などの分野で大きく活躍しているのです。その効果は顔のシワ伸ばし、筋肉の発達が原因のえらはりの解消、同じく筋肉の発達が原因の太い脚をスリムに、それに多汗症や軽度のワキガなどの解消など多岐にわたるのです。ボトックスがこのように様々な分野で効果を発揮できるのは、筋肉の動きを抑制する効果を利用しています。顔のシワを伸ばすのも筋肉を抑制することで可能になりますし、筋肉の発達が原因のえらはりや太い脚も筋肉の動きが抑制されれば筋肉が落ちるので気にならなくなるのです。それに汗の分泌を抑える効果もあるので、多汗症や軽度のワキガにも効果を発揮するわけです。裏を返せば、顔のシワと言っても表情筋が原因ではなく、ほうれい線などの深く刻まれたシワなどの場合はボトックスでも効果がありませんし、筋肉ではなく骨格が原因のえらはりも効果がありません。同じく筋肉ではなく脂肪が原因で太い脚もボトックスでは細くできません。このように何でもできそうなボトックスですが、筋肉の発達や汗の分泌が原因ではない場合は効果がありません。ほうれい線などの深いシワでしたらヒアルロン酸を注入して溝を埋める、骨格が原因のえらはりは骨を削る、脂肪が原因の太い脚は脂肪を落とすなどの他の方法をとるしかありません。また、ボトックス注射の効果は永遠ではなく持って1年と言われています。口コミでは3ヶ月しか持たなかったというケースもあるようです。そのため効果を持続したいなら定期的に注射をすることになります。

プチ整形の主流に

ボトックス注射は、まだまだごく一部の美容マニアだけにしか知られない美容法かもしれません。ただ、ヒアルロン酸注入などの異物を体内に注入することで効果を得る美容法とは違って、自らの筋肉の動きを制限することで効果を得る方法なので、抵抗が少なく、今後プチ整形として一般的に広まる可能性もあります。ただ、いくらプチ整形とは言っても失敗はありますから、そういったリスクを考えて、そして費用を考えると日本においてはそれほど一般化することはないかもしれません。ただ、やはりいつまでも美しくありたいと願うのは女性の性ですから、お金があればボトックスを受ける女性も今後増える可能性はあります。現に、口コミによると芸能人の間では一般的に行われているとも言います。メスを入れずにシワをなかったことにできたり、えらを解消したり、脚を細くできるとなれば、試してみる人も増えるかもしれません。また、多汗症や軽度のワキガに悩む人の方がボトックスの普及率は高まるかもしれません。効果は一時的ですが、完全に汗腺を破壊するのには抵抗がある人にとってはこの一時的というのは逆に嬉しいことかもしれません。夏場など汗が気になるシーズンに合わせて施術をしないといけないので毎年お金がかかるというデメリットもありますが、メスを入れないので傷跡が残らないというメリットは大きいはずです。このようにボトックス注射は様々な用途があることから、今後美容マニアの間、もしくは多汗症や軽度のワキガに悩む人の間ではプチ整形の主流となる可能性が高いです。